2012年04月21日

the BANG : 1

the BANG
1/100 (VOLKS I.M.S.)

The Five Star Stories(ファイブスター物語)より

破烈の人形、バンドール、バングドール、と呼び方が変化していますが、
今は、the BANG になっているようです。

登場時から、かっこいいい~!って思ってたMH(モーターヘッド)です。



ボークスの1/100のプラスチックキット。
ガンプラの1/100のキットより、完成すると全体的に大きいです。



(頭頂のつのを除いても、体が大きいです。)



思えば、中学生の頃、F.S.S.のキットはレジン製のガレージキットしかなく、
高い、難しい、と当時は手の届かない存在でした。




今は、プラスチックで比較的簡単に組めるので、ありがたいです。
良い時代が来たものです。
ボークスさん、ありがとう!



でも、キット自体は、ガンプラと比べると、難易度が高いです。
何しろ、説明書通りにやろうとしてもできませんから。




例えば、「丸い穴に棒状のパーツを通す」という工程。
通りません・・・
なので、
穴の内側を削って広げるか、棒を削って細くするか、という加工が必要です。



ガレージキット世代には当然の工作なのかもしれませんが、現在のガンプラに慣れていると、信じられないですね。
それを考えると、バンダイの技術って、本当にすごいですね。




まあ、とにかく、かなり苦労して、完成させることができて、感無量です!
やっぱり、かっこいい!!


この記事へのトラックバックURL

http://kyodo.mediacat-blog.jp/t78006
この記事へのコメント
こんばんは。ういきょうです。
FSSはボークスのショーケースに何体か飾ってありますよね。
とてもハードルが高そうなので私はいつ到達できるやら。
Posted by ういきょうういきょう at 2012年04月22日 22:27
こんばんは。

昔は僕もそう思っていました。
・・・というか、レジンキットには今も手が出せません。

それだけに、プラスチックで発売してくれたのが、とてもうれしいです。
プラモなら、なんとかつくれます。

それにしても、ショーケースの中の完成品は、とても素敵ですよね!
Posted by みーやみーや at 2012年04月23日 20:56
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい